製法のはなし

  • HOME
  • 製法のはなし

オーガニックの力を余すことなく活かす独自技術

甘夏細胞エキスとは?

国内で生産された農作物の半分以上が、色や形、大きさが均一でないために「規格外」として廃棄されたり、本来よりも低い価値で流通していることはあまり知られていません。
これらの未利用な農作物にも、豊富な酵素やビタミン含まれていて、その栄養素を壊さず抽出することができれば、無駄な廃棄が素晴らしい商品に変わり、形を変えて農作物を有効利用できます。
化粧品の成分も約80%は水です。普通は精製水を使っていますが、Annika Blancの化粧水と美容液には、精製水の代わりに有機栽培された甘夏から抽出した「甘夏細胞細胞エキス:有機甘夏ボタニカルセルEX」を配合しています。
「植物細胞エキス」は、植物に含まれる酵素をはじめとした成分をできるだけ壊さずそのまま抽出したものです。Annika Blancでは、規格外の有機JAS甘夏をそのまま、まるごと機械の中に入れ、1滴の水も使わない特別な方法で固体と液体とに分離しています。

「ウォーターフリー製法」

温度は植物が生きられる35-40度に保っているので、植物が持つ有用成分を最大限壊さず、そのままの状態で取り出すことが可能です。また、エキスだけでなく副産物の乾燥物やオイルも含め、甘夏すべてを余すことなく利用しています。オーガニックと先進技術が組み合わさったからこそ“一物全体”を実現させることができたのです。さらに、製造過程で成分に1滴の水も使わないウォーターフリー製法を採用。無駄な水を使わないため環境に優しいだけでなく、不純物が混ざりにくいので衛生的です。甘夏が持つ抗菌成分のおかげで、菌が発生しにくく、繁殖しにくいという生命力を感じさせるエキスなのです。植物のパワーのおかげで、可能な限り防腐剤や保存料をおさえ、肌にも環境にもやさしい有機甘夏ボタニカルセルEXが、Annika Blancを支えているのです。